ケアプロストの副作用は?

まつげが長く、濃くなると評判のケアプロスト。同じ成分・特徴を持つものとしてラティースやルミガンも有名ですが、個人輸入などの通販で最も安く購入できるのがラティースやルミガンのジェネリック製品である、ケアプロストです。これらは一般的なまつげ美容液ではなく、本来は緑内障の治療の為に使われる点眼剤であり、医薬品になります。緑内障の症状を抑える為に使われるビマトプロストという成分がまつげの育毛にも効果があるということが臨床実験で発覚し、そこから人気に火が付きました。
FDA(米国食品医薬品局)からも正式に認可を受けており、安全性も高い医薬品です。そんなケアプロストですが、効果が期待できるだけに副作用があるのかが気になりますよね。ケアプロストの副作用として挙げられるのは、目のかゆみ・充血・かぶれ・目元の色素沈着・黒ずみなどです。まつげ育毛を目的として使用する場合、直接目に液を入れるわけではないので使用する際に気を充分気をつけていれば大きな副作用はなく、特に心配する必要もありません。とはいえ目元の皮膚や粘膜は非常にデリケートなので上で挙げたような副作用が出ることがあります。

まつげに液を塗る際は専用のアプリケーターやリップブラシや、先の細い綿棒などを使い、量をつけすぎないようにしましょう。(少量でも充分な効果があります。)量をつけすぎてしまうと目に入って充血やかゆみを引き起こし、まぶたに滲んで色素沈着が起こる原因となります。目に痛みを感じたり、かゆみや充血が引かない場合はすぐに使用を中止し、眼科医に相談してください。まつげ育毛には高い効果のあるケアプロストですが、このように副作用もあるということを理解しておきましょう。

ケアプロストは個人輸入で入手することが可能です。個人輸入の場合、効果、副作用、は全て自己責任になります。また、譲渡も認められていないので、気をつけましょう。家族や友達の間での譲渡も違法にあたります。