ケアプロストでつけまつ毛いらず

説明する女医

ケアプロストはまつげの増毛・育毛に効果があるとしてFDA(アメリカ食品医薬品局)に正式に認められた医薬品です。
本来は緑内障の治療の為に使われる点眼薬ですが、点眼薬を使用した緑内障の患者の方からまつげが増えた・伸びたなどと副作用が報告された為、臨床実験を行った結果ケアプロストに含まれるビマトプロストという成分がまつげの増毛・育毛に作用していることが証明され、まつげの育毛剤として販売されるようになりました。その効果は絶大であり、1~2ヶ月程使用することで見違える程まつげが長く、密度も濃くなります。今までつけまつ毛やまつ毛エクステをしていた方も、その必要はなくなる程だといわれており、メイクの時間も短縮することが出来るでしょう。

まつ毛エクステの場合は洗顔やクレンジングの際に抜けてしまうことも多く気を使わなければなりませんが、ケアプロストによって伸びた(増えた)まつげは自分のまつげなので、そのような心配をする必要もありません。何よりつけまつ毛やエクステよりも自然に伸びたまつげを手に入れることが出来るので、派手なアイメイクや印象は避けたいが、まつげは長く濃くしたい!という方にも最適です。ケアプロストの使用方法は、専用のアプリケーターや先の細いブラシ、綿棒などを使ってまつげの根元に少しずつ、目に入らないように丁寧に塗っていきます。元々緑内障の治療薬として使われており安全性も高いので目に入っても失明などの大きな障害は起きませんが、目のかゆみや充血、ドライアイなどの副作用が出ることはあります。
また、液が滲んでまぶた周辺に色素沈着を引き起こしてしまうこともあるので使用する際は量をつけすぎず、目や余分な部分に液がつかないように注意しましょう。まつげを育毛する効果は絶大であり、個人差はありますが大体1~2ヶ月程使用を継続することでまつげの長さや密度の違いがはっきりとわかるようになります。今までつけまつげやまつげエクステを使用していた方も、それらが必要なくなる程はっきりとしたまつげに変化してくるのでメイク時間なども短縮でき、自分のまつげなのでエクステのように洗顔やクレンジングの際に気を使う必要もありません。とはいえ、まつげも髪の毛と同じように生え変わるサイクルがあるので、使用を止めてしまうとその効果を維持するのは難しいでしょう。